2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'03.13 (Tue)

まさかの骨折

日曜日の夜でした。
歯みがきを終えて洗面所から走ってきたコハがリビングで思いっきり転びました
たぶん絨毯か何かにひかかったみたいで手もつかずにこけたんです。
ただこけたなら良かったんですけど、倒れたところにテーブルがあり、テーブルで顔面強打

出血しました…

歯が折れたんじゃないかと思ったら、出血してたのは
たまたま夫が家にいたので、診てもらったんだけど、たぶん私一人だったらお隣(両隣のお宅のご主人がお医者様です)へ駆け込むか、救急車を呼んでたよ
顔はみるみる腫れていくし、鼻血は止まらないし、あせってしまいました。
私の診断によると「鼻骨折」。でも、夫は「骨折はしていない」と診断。もちろん、私は医者じゃないし、医者の夫を信じることにしました。ちょっと納得いかなかったけどさ。

2日目の今朝。
コハの顔はますますお岩さんみたいに腫れあがり、目まで腫れてきました。これには夫も焦ったようで、すぐに耳鼻科の先生に電話して予約をとってくれました。(写真はとってみたけど、痛々しいのでUPしません)
CTとレントゲンを撮りました。
CTの結果を見ている先生に

「あのー…折れてないですよね?」

と恐る恐る聞いてみました。

「折れてますね」

頭を何かで殴られたような衝撃がありました…。

「あのー…手術とかしなくてもいいんですよね。」

これもまた恐る恐る聞いてみました。

「手術ですね。」

一瞬、めまいを感じました。そして悲しみと怒りの感情がふつふつと交互にわいてきました。

骨折してないって言ったのは誰じゃーーーーーーーーーー

あまりのショックと怒りに看護婦さんにまで「夫が折れてないって言ったの」と愚痴ってしまいました。もちろん、後で耳鼻科に様子を見に来た夫は看護婦さんから
「先生、いい加減なこといわないでくださいよ」
とお叱りを受けてました

どうやら、コハは真正面から鼻の付け根の方を打ったみたいです。
見た感じ鼻が曲がってるふうもないし、痛みもさほどないようです。
目のほうには異常なかったのが不幸中の幸いでした。
鼻の穴から器具を入れて折れてる部分の鼻の骨を持ちあげる手術をするそうです。
ただ困ったことに手術をM市の日赤ですることになりそうです。夫の勤める大学病院でもできないことはないけど、日赤の形成外科の方がいいだろうということで。
金曜日に日赤に診察に行ってきます。

骨折…骨折…骨折…

手術…手術…手術…

悲しすぎます

スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。