2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.21 (Mon)

家庭訪問

今日は 家庭訪問 でした。
すみれ組(ケイ・キィ)のA先生とゆり組(コハ・ナノチ)のT先生、二人揃っていらっしゃいました
これと言って大きな問題があるわけではなかったけど、小さな問題はいくつか…

ケイは、何に対しても興味津々
知りたいことがたくさんあるんです。
だから、先生に質問攻め。先生のお話の途中でも、気になることがあると聞かなければ気が済みません。
先生としては全てのお話が終わったあとに「質問はないですか?」ってかたちで聞きたいのに、話の途中で口をはさむので話が進まないんですね。
先生のお話をよく聞くことも大切なんだよってケイには話しました。

コハは、発想がユニーク
モノの捉え方が他の子とちょっと違います。
家でも「この魚は頭がかたいから、頭は残してね」といえば、しっかり頭の部分だけ残します。顔は食べちゃうんです。
「キャラメルは歯にくっつくから噛まないでね」といえば、他の子はなめるけど、コハは丸呑みしようとします。
ウケじゃないですよ。
まじめにやってるんです。保育園でも全てのことに一生懸命。
でも、やってることがズレてるんですね。
まぁ、これは問題ってほどじゃないんですけど。
マイペースな性格なので、先生が急いでって言ってもお友達がせかしても、いつも自分のペースを崩さないそうです。

ナノチは、精神的にクラスの子より大人なんだそう
先生は1つのことを子供たちに伝えるとき、とてもわかりやすく話して下さいます。例えば、「食べ物を粗末にしたらいけない」ってことの理由を伝えるのにも動物やおばけを登場させたりして。
でも、ナノチはその「わかりやすいお話」が大嫌いなんだそうです。
ストレートに「食べ物を粗末にしたらダメよ。理由は・・・・・」って言われるほうが納得いくみたいで。
保育園のお部屋に置いてある玩具も年少クラスのものはつまらないと言うみたいで、年長クラスの玩具だと喜んで遊んでるそうです。
うーん、これはどう対処したらいいんでしょ?

キィは内弁慶
家ではとってもしっかり者でみんなをまとめる役回りなんだけど、保育園ではみんなの先頭にたつことはないようです。
いろんなことを我慢してるようなので、そのぶん家では発散させてるようです。
やっぱりナノチと同じで、精神的にお友達より大人のようで、考え方もしっかりしてるそうです。
でも、それを言えずに抑えてることが多いみたいで。
家で発散させてるからあまり問題ないのかな?

先生に言われたことで1つ嬉しいことがありました。
先日、保育園の食育活動で草団子作りがありました。
チビーズのクラスのお友達が先生に「何個ずつ食べていいの?」と聞く中で、うちの4人だけが
「みんな1個ずつ食べて、あとは小さいクラスと大きいクラスのお友達と先生たちと神父様にも分けてあげようよ。」
と言ったそうです。
まだまだ自分のことしか考える余裕のない年齢なのに、そうやって分け合う気持ちが生まれるのは4人で育ったからこそなんじゃないかと先生がおっしゃいました。
それに、お友達のことを思いやる気持ちもチビーズはとっても強いそうです。
その話を聞いたとき、本当に嬉しくなっちゃいました。
それはきっと誰かに教えられたんじゃなくて、4人一緒に成長していく中で自然に生まれた気持ちだと思うから。
これからも優しい心を持ち続けて成長していってくれたらいいなと思いました。

スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。