2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.27 (Wed)

運動会総練習

今日は運動会総練習の日
朝、実家にお泊りをしたコハを迎えに行くと、まだ特訓は続いておりました
特訓の甲斐あって、何とか笛の音を聞いてスタートをきることができるようになったらしく、コハも満足そう。
いや、一番満足そうなのはやっぱりおじいちゃんだねぇ

「コハ、もし今日スタートできなかったら、また特訓するから

おじいちゃん、コハにプレッシャー与えすぎです・・・

総練習は9時からはじまりました。
まずは入場行進をしてから開会式。
チビーズの様子を見ながら、去年の運動会を思い出しました。
開会式の間中、じっとしてなかったケイ
今日はちゃんと「朝のお祈り」もできたし、「歌」も歌えたし、何より園長先生や神父様のお話もじっと聞くことができました。

成長したもんだね~ 感動

よつご

そして、競技が始まりました。
プログラム1番は2歳児から5歳児が走ります
まず、一番最初走るグループの中にケイとキィがいました
よつご

速いか遅いかは別として、一生懸命走りました

次のグループにナノチ
なのか

運動神経がいいナノチはスタートもバッチリ そしてトップでゴール

最後にコハ
「ヨーイ ピッ」の笛で、おくれながらもスタートをきることができました。
こはる

スタートができただけで充分 と思ってたら、あとで写真みるとまだ後に2人いたのね~
3番でゴールしたようです

おじいちゃんコハ、頑張った甲斐があったね~

その後、2歳児クラスは障害物競走みたいなのをやったのですが・・・

チビーズ、そろってビリ

走るのはそんなに遅くないはずなんです・・・
トンネルくぐりも上手です・・・
でも、ビリ

というのも、チビーズは競争心がないらしく、自分がお友達より先に障害物を越えてもお友達が来るまで待ってたり、障害物を越えられないお友達を助けたりしてました。
そして、ビリでゴール

しかも、とっても 笑顔

きさき

こはる

けいご

なのか

でも、これもチビーズのいいところなんだよね。
運動会は10月3日。
とっても楽しみです

でも、その前に・・・
今日、保護者競技で 綱引き をしました。
たぶん15年ぶりくらいだったのね。
子供相手に本気で引っ張って、引っ張って 大人気ない役員達

腰抜けそうだったわ・゚・(ノД`;)・゚・

本番当日は本気でやるの、やめとこ。
マジで。かなりやばかったし

スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.26 (Tue)

ヨーイ ドン

運動会シーズンですね
チビーズの保育園では10月3日の運動会に向けて、毎日体操や競技の練習に励んでいるようです。
明日は運動会の総練習
役員はお手伝いがあるため、私も明日の総練習に参加させてもらうことになってます。

 私 「今日も運動会の練習したの?」

チビーズ「うん、したよ~。ヨーイ ドンで走ったよ~!」

 私 「上手にできた?」

チビーズ「上手だよ~!」

そこへ担任の先生が来られ、練習の様子をお話して下さいました。

「みんなとっても上手に走るんですけど、コハちゃんはヨーイ ドンが苦手みたいで・・・」

先生のお話によると、今まで ヨーイ ドン と先生の掛け声でスタートしてたのを今回から ヨーイ ピッ と笛の音でスタートすることになったのだけど、コハは ピッ と鳴ってもボーっと立ち尽くしてるらしいのです
どうやら、笛の音でスタートをきるって感覚がないらしく
お友達が走っていく姿を見て、走るみたいな・・・

夕方、食事の用意をしようとしたら、がでない
近所で下水道工事をしてて、掘ってるときに水道管か何かに引っ掛けちゃったらしいのです。
しばらく断水だって
待つこと1時間、水は出るようになったけど茶色く濁った水が続き、今日は実家で夕食とお風呂を済ませて帰ることにしました(ラッキー)。
食事中に、何気なくコハのヨーイ ドンの話をしたら、やけに反応する男が一名

この人です。私の実父(66歳) 元体育教師
ちち


「なにぃーーーーヨーイ ドンができないって
そりゃー、おじいちゃんの孫として情けないだろー


いやいや、おじいちゃん、3歳児相手にそこまで言わなくても

「お母さん、アレ取って来て」

ん?アレ?なんじゃそりゃ?

母が持ってきたのは、父が現役時代に使ってた
(アレで通じる母もスゴイ・・・)

とりあえず、夕食後に縁側で練習がはじまりました。が、やっぱりうまくスタートできないコハ。

「コハ、今日はここへ泊まりなさい。おじいちゃんが明日までにヨーイ ドンができるように特訓してあげるから

コハは喜んで「うん、今日は泊まる~

ヾ(・ω・o) ォィォィ、おじいちゃん、熱くなりすぎやって
お願いだから9時には寝せてよね

さて、明日の総練習。
コハは上手にスタートをきることができるでしょうか?
別にできなくても私的にはどってことないんだけどね
22:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.18 (Mon)

持病

台風が来ましたね
実は、私、台風に弱いんです。
台風が来ると・・・いや、台風が出現すると、どんなに遠い距離にあろうとも私にはわかります。
今回の台風も、数日前から気付いてました。

これってちょっとした 『特技』 じゃないっすか?

兄には 「お前はナマズみたいなヤツだ」 とも言われました・・・

(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン、ある意味当たってます

私がメニエール病と診断されたのは17歳のときでした。
耳鳴りとめまいが主な症状です。
内耳の病気なのですが、原因は不明のようです。
で、何故メニエール病だと台風がわかるのか・・・
どうやら、メニエール病の発作には気圧の変化が関係しているようなのです。

数日前から軽いめまいを感じるようになりました。
台風が近づいてくるにつれて、めまいはひどくなり、気持ち悪くなってきました。
昨日・今日がピークのような気がします。

私が、台風をナマズのように感じるようになったのは2年ほど前からです。
チビーズが1歳になってすぐ、私はメニエール病の強い発作が起こり、半月入院しました。
それまで「たいした病気じゃない」と甘く見てたんです。
発症以来15年間、3~4年に一度軽い発作が起こる程度だったからです。
でも、そのときの発作ときたら、そりゃーものすごかったです。
朝起きたら、全てが 回転 してたんですよ
そして、嘔吐・嘔吐・嘔吐の嵐

「おかあしゃ~ん

私は、大声で母を呼びました。
キッチンにいた母は飛んできて、嘔吐を繰り返す私に言いました。

「とりあえず、我慢しなさい。子供達にご飯食べさせたら病院に連れて行ってあげるから

そうです、チビーズは当時1歳になったばかり。
待ってはくれません。

「で、でも、我慢できそうにない・・・オエー

「待ちなさい 耐えれなかったらコレで合図しなさい

私が母から渡されたのは、でんでん太鼓(チビーズの玩具)でした・・・

その後、やっぱり耐えられなくなった私はでんでん太鼓を振り回し、父に付き添われて介護タクシーで病院へ行き、即入院となったわけです。

それからなんです。
私が台風に敏感になったのは。

どうしちゃったんでしょうね、私の体は・・・。

そして、私をナマズ呼ばわりしてた兄も最近になってメニエール病を発症。
私達は、ナマズ兄妹になったのでした(≧m≦)ぷっ!

それはそうと、私の病気を心配してた夫が、今夜は外食に連れてってくれました。

焼肉でいい?」

「うん、いい、いい

気持ち悪かったのも吹っ飛びました。
お肉をたくさん食べて、石焼ビビンバ食べて、焼きたてパン食べて、デザートまで食べて、とっても幸せだったのですが、帰宅後からなんだかムカムカしてます
さっきからお腹も痛くなってきました。

これってメニエールのせい・・・じゃないか・・・
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.17 (Sun)

温泉大好き

今月初め家族旅行で温泉に行って以来、チビーズは家のお風呂に入りたがらなくなってしまいました。
お風呂の時間になると、当然のように

「今日はどこの温泉に行くの?」

と聞いてきます。
私達が住んでる町は、掘るとこ掘るとこどこでも温泉が出るってくらい温泉が多く、市内にも1回500円程度で入れる温泉がいくつもあります。
でも、それだからって私一人でチビーズ4人を連れて温泉に行くなんて・・・

無理じゃヾ(*`Д´*)ノ

でも2人なら何とかなるので、2人がおばあちゃんちにお泊りしてる日は家に残る2人を温泉に連れてったりしてます
私も夫も温泉好きで、妊娠するまでは週末の夜になると温泉ばかり行ってました。
妊娠してからは行けなくなり、産後はますます行けなくなり、やっとこうして行けるようになったので私は嬉しいけど・・・やっぱりチビーズが一緒だと疲れますね。

「(゙ `-´)/ コラッ 走るな

「(゙ `-´)/ コラッ 大きな声で騒ぐな

「(゙ `-´)/ コラッ なんでせっかく流したのにまた石鹸だらけにするのよー

結局、私、どこでも怒ってる・・・

今日はケイとキィがおばあちゃんちにお泊りに行きました。
家に残ってるのはコハとナノチだけ。

今日も温泉行けるかも ← ひそかに期待してみる

夕方仕事から帰ってきた夫も

「さぁ~て、今日も行くかぁ~

と温泉モードに入ってます。
で、今日は車で20分ほどのところにある割烹温泉ゆらり
ここは初めて行ったけど、スゴク良かったです。
入浴料も700円と高めだったけど、源泉掛け流しだし、サウナもあるし、台風の強風のせいで露天風呂は寒くて長くは入れなかったけど、庭園のようで風情があるっていうか・・・

う~~~、ごくらく、ごくらく

今日は腰痛もちの夫にゆっくりしてもらうため、私がコハとナノチを連れて入ったけど、わりと大人しくしてくれて意外にも私もゆっくり入ることができました。
チビーズもだんだん温泉に慣れてきたのかな~

よつご

お風呂あがりです

ココは館内にバイキングレストランもあってお食事と入浴がセットになった券を買うとかなりお得
それに、なんといっても3歳のチビーズはお食事も入浴もタダ
やみつきになりそうだ・・・


チビーズとの楽しみをまた一つ見つけてしまい、うれしい母でした
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.09 (Sat)

救急の日

今日は保育園で救急講習会があり、園児も参加できるのでケイ・ナノチ・キィを連れて行きました。
会場の遊戯室には8名の救急隊員の方が来られ、救急法の指導がありました。
私は医療系の学科出身なので、救急法はいやって言うほど(決していい加減に勉強してたわけではないですよ)学生時代に習ったのですが、卒業してから実践することもなく忘れていたので、丁寧に指導して頂きとても勉強になりました。
子供を連れてるといろいろな事故も起こりやすいし、やっぱりこういう知識を身につけるって大切なことだな~としみじみと思いました。
でも、3歳のチビーズにはちと難しかったらしく、ひたすらダミーちゃん人形で遊んでおりました・・・

なのか


きさき


救急法指導の後は、天使組(年長さん)のお兄さんの1日救急隊長任命式があり、問題はこの後の保育士・救急隊による応急手当てシュミレーション

よつご


『プールで子供が溺れた』という設定で、保育士さんたちが心配蘇生法をするのですが、チビーズは子供役の保育士さんが本当に死にかけてるのと思ったらしく
かなり心配そうに目を潤ませ、AED(電気ショック)が始まった時には号泣
刺激が強すぎたようです。
ちゃんとシュミレーションであったことは説明しましたが、納得できないらしく、

「○○先生、死なないよね?」

と繰り返すばかりでした。

それからミニ救急車に乗せてもらい、シュミレーションのことは忘れたかのようでしたが、就寝前布団に入ったら

「○○先生、死なないよね?」

とまた聞いてくるチビーズ。
夢に見なきゃいいけど・・・
ちょっと心配です。

私にとっては勉強になった講習会でしたが、チビーズにとっては
恐ろしい講習会だったようです

なのか


きさき


けいご


けいご

 1日救急隊長のお兄さんを真似て「敬礼!!」


00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.07 (Thu)

湯原温泉旅行②

温泉の朝は早い
6時起床でチビーズと屋上の露天風呂へ
昨日一日中降り続いた雨はやみ暑くもなく、寒くもなく・・・曇ってるけどこれくらいが過ごしやすいかも。
屋上の露天風呂には子供専用の小さなお風呂もあって、チビーズ4人で入るにはちょうどいい大きさでした。

よつご


きもちいい~

よつご


ゆっくりお風呂に入ったあとは、またまた美味しい朝食です
たくさんの野菜を使った朝食は、ヘルシーで私好み炊きたてご飯(おこげ付)もおいしくておかわりしちゃいました。
朝食後は10時のチェックアウトまでのんびりして、旅館を出ることにしました。
旅館からお土産にゆでたてゆでたまごと焼きたてかきもちを頂きました。
これがまたとっても美味しい
これを楽しみに来るリピーターが多いっていうのがわかる気がします。
実は私もその一人だったりするので

よつご

 旅館の前でハイ、チーズ

夫の両親とはここで別れ、私達夫婦、チビーズ、私の両親の8人で蒜山高原へ行くことにしました。
まずはひるぜんジャージーランドでジャージー牛を見学

よつご

 コハは怖くて牛さんに近寄れませんでした

その後、ヒルゼン高原センターで昼食をとり、遊びました
チビーズは初めての遊園地(ちっちゃいけど・・・)に大喜び
「アレも乗りたい、コレも乗りたい」とはしゃいでたけど、身長制限と年齢制限であまり乗れるものはなく、結局ドルフィンパラダイス(幼児用急流すべり)・ヒルゼンタワー(普通の観覧車)・メリーゴーランド(これも普通のです)・・・あとはコインで動く車を楽しんだ程度でした。
そして、「まだ帰りたくない」と愚図るチビーズにソフトクリームを与えてごまかし、車に乗せました。
帰りの車の中で、疲れたチビーズはぐっすり
私も睡魔に襲われながらもがんばって運転してました

こうして我が家の2度目の家族旅行は終了いたしました。
そこで心残りが一つ
それは湯原の砂湯に入れなかったこと・・・
湯原の砂湯には 『長寿の湯』 『子宝の湯』 『美人の湯』 の3つのお風呂があります。
実はなかなか子宝に恵まれなかったとき、ここの 『子宝の湯』 に入りに来たことがあります。
もちろん 混浴 っすよ
特大バスタオルを体に巻き、夜中で真っ暗だったけど、酔っ払いのおじさん達に絡まれながらも

「子宝のため、子宝のため」

と頑張ってお湯につかってた私。
ってか、それってかなり危険じゃない
『子宝の湯』に酔っ払いのおじさんが入ってるってのも間違ってるし
まぁ、その結果(?)、4人も子宝を授かったわけです。
そんな危険を冒しても子供が欲しかったのか・・・と聞かれれば

ハイ、そうです

って答えるね。間違いなく・・・

で、なんで今回砂湯に入れなかったかというと、7月の豪雨でダムが放流され着替えをする小屋が流されちゃったのです。
その辺で着替えるってわけにもいかず・・・度胸があっても一応なので
今回は断念しました。
小屋がなくなったせいで女性のお客さんはめっきり減ったそうです。
早く小屋を作ってくださいね~(誰が作るのかは不明ですが)
あ、言っておきますが、今回は『美人の湯』に入るつもりだったんですよ

間違っても『子宝の湯』には入るつもりはありませんから

話はそれましたが、今回の旅行はとても楽しかったです
チビーズも喜んでくれたし、両方のおじいちゃん・おばあちゃんも「また行きたいわ~」と言ってくれました。
帰りの車の中で、早速夫と次回の旅行先を話しあいました。
おおげさだけど、楽しみがあるだけで困難を乗り切れるって思うタイプなので次の旅行を計画したくなっちゃったんです

さーて、明日からまた頑張るぞ
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.06 (Wed)

湯原温泉旅行①

数日前からウキウキしていた私。
なぜかというと、今日から 湯原温泉へ家族旅行 なのです
実は我が家、家族旅行(宿泊を伴う)は1度しか行ったことがありません。今回が2度目となります。
初めての家族旅行は、チビーズが1歳になる10日ほど前でした。
ちょうど夫がアメリカへ旅立つ時でした。
夫は、チビーズが1歳~3歳の2年間、アメリカへ単身赴任してました。
無謀にも1歳前のチビーズ4人を連れて飛行機で大阪へ夫の見送りに出かけたのです。そして、チビーズが生まれた病院のNICUのスタッフの方たちにも会いに行きました。
たった一泊の大阪旅行・・・帰宅後私は心に誓いました。
「二度とチビーズを連れて旅行には行かない
それくらいチビーズを連れての旅行は大変だったのです。
それ以来、どうしても旅行に行く気になれなかった私ですが、チビーズもそれなりに成長し、なんとかなるかもと思い立ったわけです。
家族旅行といっても、今回も前回の大阪旅行同様私達夫婦・チビーズ・両方のおじいちゃん、おばあちゃんと総勢10名の団体様
夫の両親とは現地集合ってことで、こちらからは8名(もちろん車2台)で出かけました
外はあいにくの雨
チビーズはスヤスヤ夢の中
休憩も含めて約2時間ほどで湯原温泉へ到着しました。
お宿は私の一押し旅館八景 
八景ははお料理も美味しい(料理長さんは『料理の鉄人』で鉄人に勝った方です)し、お風呂も立派、仲居さん達も気さくで親しみやすく、何といっても女将さんがとてもよい方なのです。
ちょうど同じ頃に到着した夫の両親と合流してお部屋でお茶とやきいも(女将さんが焼いてくれます)を頂き、男性チームと女性チームに分かれてお風呂へ
ケイとナノチは近くの温泉を体験済みだったけど、コハとキィは初めての温泉で大きなお風呂に目を丸くしてました
そして、おおはしゃぎ
お風呂からでても興奮状態は続き、お部屋でもドタバタドタバタ
下の部屋のお客様から苦情がでてしまいましたすみません・・・
待ちに待ったお食事は、チビーズはお子様ランチをお願いしていました。実は、ファミレスなどのお子様ランチがあまり好きじゃないチビーズ。でも、幼児用の食事だから仕方ないと思っていました。
 運ばれてきたお子様ランチを見てビックリ
どう見たって大人の懐石弁当みたいかなり立派なものでした。
よつご

食後にはアイスクリームもついてました

よつご

豪華なお料理に大満足

私も久しぶりにお酒飲んじゃいました
なんてったって、
    料理は出てくる
    片付けはしなくていい
    洗濯もしなくていい
    食事のあとはお風呂に入って寝ればいい


あ~、しあわせぇ~
今まで頑張った甲斐があったってもんだ


夕食後はさっさとチビーズを寝かせ、母と屋上の露天風呂へ
その後は夫と旅館近くのラーメン屋さんへ行きました。
ったく、まだ食べるかいって夫にあきれながらもついて行って私はチビチビとジュース飲んでました

そして、旅行一日目が終了いたしました
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.02 (Sat)

夏の思い出②

8月
保育園では毎日プールです
それなのに8月に入ってすぐ、キィが発熱
保育園で大流行のおたふく風邪に感染してしまいました
おたふく風邪の予防接種をして抗体がつかない確率は5%らしいです・・・
高かったのにねぇ、予防接種
注射をうってくれた先生が悪いわけじゃないけど、なんだか騙された気分になっちゃいました。
予防接種のおかげでキィのおたふく風邪はとても軽く済みました。
でも、熱のため2日お風呂に入れなかったキィはアセモができてしまい、そこからトビヒになってしまいました。
それからもキィは虫刺され→トビヒを繰り返し、今年プールに入った日数はたったの3日
ちょっぴり寂しい夏となってしまいました

そして、コハはとても頑張った夏となりました。
コハは8月16日、岡山大学で心臓の手術を受けました。
お医者様からは「簡単な手術」とは聞いていたものの、人工心肺を使い心臓を止めて手術すると説明を受けたときにはとても不安になりました。

そのまま心臓が動かなくなることはないの?
手術が失敗するなんてことはないの?

平静をよそおいながら、迎えた手術当日。
コハの希望で手術室で麻酔がきくまで私が付き添うことになりました。
笑気麻酔を吸いながら、
「わぁ~いいに・お・いりんごちゃんのにおいだねぇ~」
とゲラゲラ笑い酔っ払いのようになりながら、コハは眠っていきました。

コハの手術は成功しました。
CCUで眠るコハの顔をみたら、ホッとして涙が止まらなくなりました。
「がんばったね、がんばったね」
と何度もコハの頭を撫でました。
術後2日目までは麻酔の影響から嘔吐が頻繁で辛そうなコハでしたが、3日目には自分でベッドの上に座り、午後には走り回るほど元気になっていました。
子供の回復力ってスゴイよ

こはる

 ベッド上でモリモリ食べております

こはる

 お姉さんぶって入院中の赤ちゃんのお世話なんかしちゃいました

コハは術後1週間で退院して、私と2人で電車に揺られて家に帰りました
心臓病が完治したコハ。
術後かわったことがいくつかあります。
まず、青白かった顔・体の色が赤みをおびて健康色になりました。
血の巡りが良くなったんですかね。
そして、動きがすばしっこくなりました。
これじゃ、顔もサル顔、動きまでサルだよってな感じになってます。

病院でコハは心臓病を抱えてるお友達がたくさんできました。
コハのように手術で完治する子ばかりではありません。
重い心臓病の子が大半です。
でも、そのお友達やお父さん・お母さん方に
「コハちゃん、おめでとう」
とたくさん声をかけていただきました。
コハを励ましてくださった皆さんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。
コハの胸に傷は残ったけど、病気になったことでコハが得たものもきっとあると思います。

8月は、あっという間に終わってしまいました。
コハの入院中私にしばらく会えなかった反動でますますお母さんっ子になってしまったケイ
ますます食べるようになって手術前より体重が増えたコハ
プールでバタ足ができるようになって、お風呂で得意そうに見せてくれたナノチ
踊りつきでいろいろな歌を歌ってくれるキィ

4人の心の中にステキな夏の思い出はできたでしょうか・・・




00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.01 (Fri)

夏の思い出①

7月初めから休止状態で、やっとFC2にお引越しして再開できたブログ
気がつけば夏は終わり、秋になっちゃってました

ということで、本日はこの夏の思い出を書くことにいたします。

まず、7月
みなさんに報告したとおり、我が家はお引越しをしました
新生活・・・いやー、もうそれは大変でした
夫の帰宅は毎日深夜。夕方からは私 VS チビーズの戦争状態
保育園帰宅後から私の雷は落ちまくり
夕食までにさんざん雷を落としていたら、私の食欲は落ちる一方
その結果 1ヶ月で体重5kg減
チビーズ、ありがとう

それから今年の夏、チビーズはテレビデビューを果たしました。
初めてのテレビ出演(次があるかはわかりませんが)番組は、『BSおかあさんといっしょ』
 収録が始まる前、歌のお兄さん(お○むお兄さんです)に手をつながれたコハが激怒
ナント出演拒否
なんとかなだめて機嫌をとりステージに上がらせたものの、そこでまたお○むお兄さんがコハを抱っこ
コハの怒りは爆発二度とステージに上がることなく、収録は終了しました
まさかコハがお○むお兄さんを嫌いだったなんて・・・初めて知った母でございます。
あ、あとの3人は出演しましたよ。
ナノチとキィは喜んでノリノリ
ケイは大好きなスプーに執着しすぎ、歌のときもスプーの手を握り、スプーの方ばかり向いてるので、スプーは体全体を使ったゼスチャーで
「前を見ろカメラを見ろ
とケイに訴えていました。
顔はあのままなのに、あんなに必死なスプーを見たのは初めてでした。
それはそれでけっこう笑えたんだけどさ

そうこうしてるうちに7月は終わり、8月となったのでした





00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。